ハイネスの不動産・マンション情報サイト8124.jp  
新築マンション 用地募集 会社案内
   
 
 
物件情報
関西圏
関西圏
首都圏
中部圏
一括資料請求
土地情報募集
 
個人情報の取り扱い
お問い合わせ
サイトマップ
構造安全評価の
合格証明書について
1 2 3
 

項目

最近の記事

 
マンションライフの基礎知識

廻り縁(まわりぶち)

廻り縁とは、壁と天井が接する部分に取り付ける、細長い棒状の部材のこと。
壁と天井が合わさる部分で、クロスなどの仕上げのおさまりを美しく仕上げるために、設置されている。
木や樹脂などで出来ていることが多い。

長押(なげし)

長押とは、鴨居の上に水平に打ち付ける木材のこと。
本来は、柱を固定するための構造材であったが、現在は和室の装飾として用いられている。

かぶり厚さ

かぶり厚さとは、鉄筋コンクリート造で、鉄筋を覆っているコンクリートの厚さのこと。
コンクリートはアルカリ性のため、鉄筋が錆びるのを防ぐが、外気の炭酸ガスなどの影響で、コンクリートは徐々に中性化する。
中性化が鉄筋の表面にまで進み、ひび割れから水分が入り込むことで鉄筋が錆び、耐久性が落ちる。
かぶり厚さが大きいほど、鉄筋は錆びにくく、耐久性が高くなる。

鉄骨造

鉄骨造とは、鉄骨を骨組として作られた建物のこと。
SteelのことでS造とも言われる。
鉄筋コンクリートに比べて軽いので、構想建築物に適している。
軽量鉄骨と呼ばれるブレス構造と、重量鉄骨と呼ばれるラーメン構造がある。

鉄筋コンクリート造

鉄筋コンクリート造とは、コンクリートを鉄筋で補強した構造のこと。
鉄筋は引っ張りに強く、コンクリートは圧縮に強いという長所を生かした建築方法である。
Reinfoced Concreteのことで、RC造とも言われる。

鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)

鉄骨鉄筋コンクリート造とは、鉄骨で柱や梁を組み、その周りに鉄筋を配してコンクリートを打ち込んだ構造のこと。
Steel Reinforced ConcreteのことでSRC造とも言われる。
鉄筋コンクリート造(RC造)より強度に優れていて、柱や梁を細くできる。
高層マンションに多い。

両面バルコニー

両面バルコニーとは、南北または東西のように相対する両面方向にあるバルコニーのこと。
通風や採光、プライバシーの面で優れている。

ツーウェイ

ツーウェイとは、両面通行の、二方向通行のという意味で、一つの空間に二つの方向から入っていくことができる構造のこと。
ツーウェイキッチンの場合、キッチンへの出入り口が二箇所あり、リビング・ダイニングだけでなく、洗面室へも出入りできるようになっている。このため、炊事をしながら洗濯できるなど家事動線が短くて効率的になる。

はめ殺し窓

はめ殺し窓とは、採光や庭の樹木などの借景を目的としている開閉できない窓
フィックス窓、FIX窓、ピクチャーウィンドウとも言われる。

ボイドスラブ工法

ボイドスラブ工法とは、床スラブに穴をあけて中空にしてボイド管を通し、それ自体で床や天井を支える役目をさせたもののこと。
従来のスラブに比べ、スラブ厚に対する重量が軽くなり、剛性、強度、防音効果が高まる。

100年コンクリート

100年コンクリートとは30N/mm2の耐久設計強度を持ったコンクリートのこと。
日本建築学会の標準仕様書による「構造体の大規模修繕が予想できる期間としておよそ100年」と定められた強度を持つ。

幅木

幅木とは、床との継ぎ目にあたる壁の最下部に取り付ける幅10cmほどの帯状の仕上げ材のこと。
床と壁の見切り材として使われ、床掃除などで傷みやすい部分を保護する働きがある。

センターコア方式

センターコア方式とは、集合住宅やビルなどで、キッチン、浴室、トイレなどの水回りの設備を住戸の中心部にまとめる間取りのこと。
取りまとめた水回りの設備を囲むように居室を配置するため、他の部屋の独立性が高くなる。
窓に面した部分に居室やリビングダイニングを配置するため、浴室などは住戸の中心部に配置され、センターコア方式になることが多い。

ニッチ

ニッチとは、住宅の場合、玄関ホールや廊下、階段などの壁をへこませて作られた空間のこと。
収納スペースではなく、絵画や写真、装飾物を飾る飾り棚として使われる。
使用用途によっては、空間に広がりを感じさせる効果がある。

サービスバルコニー

サービスバルコニーとは、通常のバルコニーよりも小さな面積のバルコニー
キッチンや勝手口のまわりにサービスバルコニーがあると、一時的にゴミを置いておくことができる。
また、採光や通風がよくなる。

ピロティ

ピロティとは1階部分の柱だけで構成された空間のこと。
フランス語の「杭」を意味する言葉から来ている。
マンションの場合、1階に住戸を作らず、エントランスホールや駐車場、駐輪場などとして活用している。
のべ床面積を計算する際、ピロティを単なる通路とする場合はのべ床面積から除外できるが、駐輪場などに使用する場合は、のべ床面積に算入しなくてはならない。

さや管ヘッダー工法

さや管ヘッダー工法とは、樹脂製のさや管の中に、水や湯の流れる管を通して二重構造にする配管工法のこと。
樹脂管は金属管と違ってさびが出ないため、水を汚染しない。
樹脂管を交換する時は、さや管の中から樹脂管のみを引き抜けばよいので、床を壊す必要がなく、メンテナンスがしやすい。

外断熱

マンションの断熱工法には、コンクリートの内側に断熱材を入れる「内断熱」と
コンクリートの外側を覆うように断熱材でくるむ「外断熱」という方法がある。
これまで日本のほとんどのマンションに採用されてきた「内断熱」に対し
欧米の集合住宅では「外断熱」が一般的。
「外断熱」は、構造材の外側に通気層ができるため結露しにくく、カビや
ダニの発生をおさえる。
「内断熱」よりコストがかかる。

免震構造

基礎と土台との間に免震装置を付け、地震発生時の揺れを建物に伝わりにくく
するように設計されたものを免震構造という。
揺れを軽減することにより、室内のインテリアなどの被害も防ぐことができる。

耐震構造

骨組みを強くし、地震や台風などの力を受けて建物が揺れても
十分に耐えられるよう、また損傷を最小限に抑えられるように
設計したものを耐震構造という。
阪神淡路大震災後、建築基準法が改正され、耐震設計の基準も
強化されている。


PC工法

プレキャストコンクリート工法のこと。
あらかじめ工場で整形したコンクリートパネルを製造し、現場で組み立てる工法。
工期が短縮できるメリットがある。

パイプスペース

上下水道管などの配管スペースのこと。
図面にはPSと表記される。

二重床・二重天井

マンションなどで、床材や天井材のボードをコンクリートスラブに直接を張らずに
空間を設けて二重に組んだ床や天井のことをいう。
室内の上下に空気層ができるので、断熱性、防湿性、遮音性に優れる。
また、この空間を広く取り、配管や配線を行うことで、将来メンテナンスがしやすく
なるとともに、リフォームにも対応しやすくなる。

アンボンド工法

上階と下階を仕切るコンクリートスラブの内部に、PC鋼材と呼ばれる線状の部材を配線し
引っ張って緊張させることにより、鋼材にスラブを持ち上げる力が作用し、剛性が高められる。
従来工法では、コンクリートスラブの剛性を確保するため、室内に数本の梁を設ける
必要があり、天井に梁が出て圧迫感が生じたり、リフォーム時のプランニングに制限が
出る等のデメリットがあった。
アンボンド工法では小梁を必要としないため、圧迫感がなく部屋が広く使えるうえに、スラブ
を厚くする必要があるため、遮音性も高まる。

下がり天井

天井にパイプスペースや梁の出っ張りがあり、その部分が低くなっている。
図面上では点線で表示することが多い。 

ラーメン構造

柱と梁を組んで建物を支える工法。
中高層マンションで用いられることが多い。
筋かいがなく、大きく間口がとれ、広い空間が生まれる。

梁(はり)

格子状の構造体で垂直な部材を 「柱」というのに対し、水平な部分を 「梁」という。

スラブ

鉄筋コンクリートの床板。
厚さは180mm程度が一般的だが、理想は200mm以上。
薄い場合、階下への音が気になる。
床の工法にもよるが、厚さがあれば、その分遮音性能も向上する。

スパン(ワイドスパン)

柱と柱の間隔の長さのことをスパンという。
スパンが広ければ開口部を取れるため、採光や通風に恵まれる。
マンションでは、バルコニー側の間口は6m前後が一般的であり
7~8m以上あるのものを「ワイドスパン」という。

戸境壁(こざかいへき)

マンションの隣の住戸との境にある壁。隣との騒音トラブルを防止
するためにも、180mm以上が理想。

逆梁工法(ぎゃくばりこうほう)

通常、天井部分に設けられる梁を床側に配置する工法。
開口部を上下に広く取ることができる。
優れた採光や眺望を得ることができ、室内に圧迫感がなくなる。

雁行設計(がんこうせっけい)

住戸を斜めにずらして建てるマンションの設計様式。
各住戸の独立性が高まり、どの住戸も一定の陽当たりや通風を得ることができる。

SRC造

Steel Reinforced Concretの略。
鉄骨鉄筋コンクリート造のこと。
柱や梁といった軸組を鉄骨で組み、廻りを鉄筋コンクリートで補強し一体化させた工法。
RC造と鉄骨造の長所を併せ持つため、高層マンションでよく用いられる。

アウトポール

室内の柱の出っ張りを、建物の外(バルコニーなど)に出すこと。
そのため室内の凸凹がなくなりスッキリとした印象になる。

 
 
 
マンションブログ
             
 
マンションライフの基礎知識
 
ローンシュミレーション
 
  ハイネスコーポレーション   Copyright 2006 Highness Corporation All Rights Reserved.