ハイネスの不動産・マンション情報サイト8124.jp  
新築マンション 用地募集 会社案内
   
 
 
物件情報
関西圏
関西圏
首都圏
中部圏
一括資料請求
土地情報募集
 
個人情報の取り扱い
お問い合わせ
サイトマップ
構造安全評価の
合格証明書について
1 2 3
 

項目

最近の記事

 
マンションライフの基礎知識

現状有姿(げんじょうゆうし)

現状有姿とは、現在の状況のままの状態で土地建物を引き渡すこと。
引渡しまでの間にその物件の状況に変化があっても、売主は引渡し時点の状況のまま、買主に引き渡すという意味で、売買契約書などで用いられることが多い。
現状有姿の取引であっても、売主の瑕疵担保責任の免責についての合意があるとまでは言えない。

違約金

違約金とは、契約に定めた事項に違反(債務不履行)した場合、相手方に対して支払う金銭のこと。
債務不履行があった場合、債権者は債務者に損害賠償を請求できるが、損害の有無や損害額を証明するのが難しいため、あらかじめ予定しておいた損害の額が違約金となる。

停止条件

停止条件とは、ある法律行為を発生さえる条件のこと。

金銭消費貸借契約

金銭消費貸借契約とは、金融機関から融資を受ける場合に、担保になる住宅に抵当権をつけて、金融機関との間で交わす資金の借入れに関する契約のこと。
金銭消費貸借契約は、売買契約をし、住宅ローンの借入れ審査後に行われる。

買い替え特約

買い替え特約とは、不動産を買い替える時に、現在の所有物件が売却できない場合には、契約を白紙に戻し、売主はすでに受け取った金額を返すという条項のこと。
通常、いついつまでにいくら以上で売れない場合は白紙解約するというふうに期限をつける。

中間金

中間金とは、売買契約が成立後し、手付金と残代金の間に支払われる金銭のこと。
売買代金の前払い金の一部である。
「内金」または「内入れ金」とも呼ばれる。

内覧会(ないらんかい)

内覧会とは、完成前のマンションで引渡しの前に購入者が行う検査のこと。
汚れや傷などの不具合があれば、施工業者に手直しを依頼し、手直し後「再内覧会」が行われる。
購入者が契約書通りに施工されていることを確認したら、「確認済み」の署名捺印を行う。

瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)

瑕疵担保責任とは、住宅に隠れた瑕疵(買主が取引上一般に要求される程度の注意を持ってしても発見し得なかった瑕疵)があった時に、売主が買主に対して負う責任のこと。

契約時にはわからず、取得後に損害を受けた場合、買主は損害賠償の請求ができ、瑕疵のために契約の目的が遂げられなかった場合は契約の解除ができる。

売主が責任を負う期間は、民法では買主が瑕疵を知ってから1年である。
宅建業法では、売主が宅建業者の場合は、引渡しの日から2年とする特約を除き、民法より不利な特約は結べないことになっている。

不動産登記

不動産登記とは、土地や建物について、所在地、面積、所有者などを登記簿に記載し、一般に公開することで、権利関係などの状況がわかるようにし、取引の安全と円滑を図る制度
建物を新築した際に所有者が申請する「表示に関する登記」と、所有権や抵当権などの「権利に関する登記」がある。

手付

手付とは、売買契約締結時に支払われる金銭のこと。
宅建業者が受け取る手付は「解約手付」とされる。解約手付とは、手付を渡した方が契約を解除する時には手付を放棄し、相手方が解除する時は手付の倍額を返せば契約を解除できるとしたもののことである。
また手付は、残代金支払い時に売買代金の一部として充当される。
なお、宅建業者が売主の場合、手付金の額は売買代金の2割以内と定められている。

引き渡し

引き渡しとは、完成した建築物の所有権を売主から買主へ移転すること。
通常の商品と違って、不動産はそれ自体をやり取りすることができないので、鍵を渡すことで引き渡しになる。

申し込み証拠金

申し込み証拠金とは、不動産の取引において購入希望者が売買契約の締結前に支払うお金のこと。
購入意志の確認と契約交渉の順位確保の意味がある。
金額は5万円から10万円程度で、契約成立後は手付金の一部になる。

重要事項説明

宅地建物取引業者は、契約前にその不動産に関する権利関係・取引条件等について
書面(重要事項説明書)を交付し、買主に説明することが義務付けられている。

 
 
 
マンションブログ
             
 
マンションライフの基礎知識
 
ローンシュミレーション
 
  ハイネスコーポレーション   Copyright 2006 Highness Corporation All Rights Reserved.