ハイネスの不動産・マンション情報サイト8124.jp  
新築マンション 用地募集 会社案内
   
 
 
物件情報
関西圏
関西圏
首都圏
中部圏
一括資料請求
土地情報募集
 
個人情報の取り扱い
お問い合わせ
サイトマップ
構造安全評価の
合格証明書について
1 2 3
 

項目

最近の記事

 
マンションライフの基礎知識

マンション管理法

マンション管理法とは、マンションの管理を適正化するために制定された法律のこと。
正式名称は「マンション管理の適正化の推進に関する法律」で、2001年8月1日より施行されている。
マンション管理適正化のために、マンション管理士の資格を定めたこと、マンション管理業者の登録制度を定めたことなどが柱となっている。

管理形態

マンションの管理形態には、全面委託管理、部分委託管理、自主管理の3種類がある。
・全面委託管理とは、管理業務全てを管理会社に委託すること。
・部分委託管理とは、管理業務のうち一部を管理会社に委託すること。
・自主管理とは、管理業務の全てを管理組合で行うこと

管理員の勤務形態は、
・管理員が住み込みで業務にあたる常駐管理
・管理員が通勤で業務にあたる日勤管理
・管理員が定期的に巡回し、業務にあたる巡回管理
・管理員を置かずに、管理組合が業務にあたる自主管理
がある。

24時間集中管理システム

24時間集中管理システムとは、マンションなどの集合住宅で、火災やガス漏れ、エレベーターの故障などの非常時に備えて、管理員室やセキュリティセンターが24時間体制で監視するシステムのこと。

平日の昼間は管理人が常駐し、夜間および休日は、警備員または監視カメラや防犯センターにより、警備会社のセキュリティセンターで集中監視を行っているケースが多い。

長期修繕計画

長期修繕計画とは、マンションの寿命を延ばし、資産価値としてのマンションを維持するために、マンションを定期的に修繕する計画のこと。
建物や設備の老朽化に対して、いつ、どの部分を、どのように修繕工事をするかを計画したものである。
マンションの管理組合は、長期修繕計画を立て、そのための修繕積立金を徴収することが義務になっている。

管理会社

管理会社とは分譲マンションなどの集合住宅で、管理組合からマンションの管理を委託されて、管理業務を代行する会社のこと。
清掃や設備機器の保守点検、防火・警備、管理費等の徴収等、委託内容は多岐に渡っている。
マンション管理業者は、原則としてその事務所にひとりの管理業務主任者を置く必要がある。

管理費

管理費とは、集合住宅の共同で使用する施設や設備の維持管理に必要な経費のこと。
分譲マンションの場合、一般的に管理に必要な経費を算出し、それを区分所有者が専有部分の持分面積に応じて負担する。
管理費は管理人の人件費、清掃費、共用設備の保守維持費などに充てられる。

委託管理(いたくかんり)

委託管理とは、不動産の管理運営の方式の一つで、管理業務の一部または全てを管理会社に委託すること。
マンションの住人で組織されている管理組合と管理会社が契約を結んで行われる。
業務全般を任せる全面委託管理と、業務の一部を任せる部分委託管理があり、委託の程度によって管理会社に支払う手数料や管理費が変わる。

管理組合

分譲マンションなどの区分所有建物において、区分所有者で組織する団体のこと。
マンションを購入し、区分所有者になると同時に管理組合の構成員にもなる。
つまり、マンションを購入したら必ず管理組合に入り、専有部分はもちろんのこと
共用部分についても管理をする責任を負わなければならない。

管理規約

マンションの管理・運営についての基本的な規則を取り決めたもの。
新築マンションにはあらかじめ管理規約が作られているが、管理組合の話し合いで
改正することもできる。

修繕積立一時金

毎月の修繕積立金の負担を少なくするため、また万一入居後すぐに地震などで
大きな損害を受けた時に備えるため、新築分譲時に管理組合に納める一時金のこと。

修繕積立金

マンションの機能や価値を長期間維持していくために、定期的な修繕を
計画し、その計画を実施するために積み立てていくお金のこと。
各区分所有者から毎月一定額を集め、管理組合が積み立てていく。

 
 
 
マンションブログ
             
 
マンションライフの基礎知識
 
ローンシュミレーション
 
  ハイネスコーポレーション   Copyright 2006 Highness Corporation All Rights Reserved.